2019年台風第19号


概要

国土交通省発表資料より
報道発表日:令和元年10月14日
気象の概況と見通し(10月14日10時現在)
○ 台風第19号は12日19時前に大型で強い勢力で伊豆半島に上陸した後、関東地方を通過し、13日未明に東北地方の東海上に抜けた後、13日12時に日本の東で温帯低気圧に変わった。
○ 台風本体の発達した雨雲や台風周辺の湿った空気の影響で、静岡県や関東甲信地方、東北地方を中心に広い範囲で記録的な大雨となった。10日からの総雨量は神奈川県箱根町で1000ミリに達し、関東甲信地方と静岡県の17地点で500ミリを超えた。この記録的な大雨により、12日15時30分に静岡県、神奈川県、東京都、埼玉県、群馬県、山梨県、長野県の7都県に、12日19時50分に茨城県、栃木県、新潟県、福島県、宮城県の5県、13日0時40分に岩手県に特別警報を発表した。
○ 東京都江戸川臨海では観測史上1位の値を超える最大瞬間風速43.8メートルを観測するなど、関東地方の7か所で最大瞬間風速40メートルを超える暴風となったほか、東日本から北日本にかけての広い範囲で非常に強い風を観測した。また、12日には千葉県市原市で竜巻が発生した。


2019年10月13日午後 埼玉県某所にて撮影(防災学術連携体幹事・事務局長 田村和夫)

各学会・関係機関からの情報 ( 防災学術連携体の構成学会の情報は、防災学術連携体事務局までご連絡下さい。website@janet-dr.com )

日本災害看護学会ーーーーー先遣隊の派遣
日本地理学会ーーーーー災害対応委員会
土木学会ーーーーー2019年台風第19号災害対策本部設置、水工学委員会「令和元年台風19号豪雨災害調査団」の結成

災害・リアルタイム情報

内閣府 災害緊急情報
防衛省自衛隊
国土交通省  防災情報提供センター災害・防災情報
厚生労働省
経済産業省
気象庁
国土地理院
防災科学技術研究所令和元(2019)年 梅雨期・台風期 クライシスレスポンスサイト

地方自治体の防災関連部門

北海道東北[ | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]/ 関東[ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]/ 信越[ 新潟 | 長野 ]/ 北陸[ 富山 | 石川 | 福井 ]/ 東海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 ]/ 近畿[ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]/ 中国[ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]/ 四国[ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]/ 九州[ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]/ 沖縄


★ 防災情報マップ