ホーム 概要と参加学会 Activities
Introduction
学会出版物・報告書 各学会の
防災関連委員会紹介
常時の交流・連携と
災害時の緊急連絡網
学術フォーラム、
公開シンポジウム
声明・報告等情報発信 国内外のお知らせ
国際協力・学会連携
防災推進国民会議
日本学術会議(防災関連)
賛助会員 防災連携委員のページ
第3回 防災学術連携シンポジウム
第2回 防災学術連携シンポジウム
第1回 防災学術連携シンポジウム
第1回 防災推進国民大会ワークショップ
平成28年熊本地震に関する情報
熊本地震・緊急報告会
熊本地震・三ヶ月報告会

第11回学術フォーラム 2016/1/9
第10回学術フォーラム 2014/11/29
第9回シンポジウム 2013/12/2
第8回学術フォーラム 2012/11/29
第7回シンポジウム 2012/8/8
第6回シンポジウム 2012/7/24
第5回シンポジウム 2012/6/21
第4回シンポジウム 2012/5/10
第3回シンポジウム 2012/2/29
第2回シンポジウム 2012/1/18
第1回シンポジウム 2011/12/6
第2回 防災学術連携シンポジウム
激甚化する台風・豪雨災害とその対策

日 時:平成28年12月1日(木曜日)10:00~18:00
会 場:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34)
主 催:日本学術会議 防災減災・災害復興に関する学術連携委員会、防災学術連携体
資料(一括印刷用)  資料(セッション別)セッション1 セッション2 セッション3
ご案内pdf
 写真


開催主旨:
近年、地球温暖化による気候変動の影響などで日本の台風・豪雨災害が激化している。今年の台風第十号等による記録的な大雨は、北海道・岩手県に甚大な被害をもたらした。 日本学術会議の防災減災・災害復興に関する学術連携委員会は、防災学術連携体の54の構成学会とともに自然災害の軽減に向けて学術連携を進めている。 このたびは「激甚化する台風・豪雨災害とその対策」をテーマにして「国土利用と台風・豪雨災害」、「台風・豪雨災害への備え」および「台風・豪雨災害時の避難・救助・復興」の3セッションの構成で、公開シンポジウムを開催する。
 防災に関わる各学会の専門家が集まり、研究成果や取り組みを発表すると共に、今後、わが国はどう備えていけば良いのかを議論する。

10:00-10:15
司会   防災学術連携体副代表幹事 依田照彦 
挨拶   日本学術会議会長 大西 隆
主旨説明 防災減災・災害復興に関する学術連携委員会委員長/防災学術連携体代表幹事 和田 章
来賓挨拶 内閣府 防災担当 政策統括官 加藤久喜

10:15-12:35   セッション 1 「国土利用と台風・豪雨災害」
「国土利用、台風・豪雨災害、風水・土砂災害」に関係の深い学会の代表と日本学術会議の専門家が集まり、気候変動、発生メカニズム、  観測・予測、国土利用、都市計画、情報伝達等について、研究成果や取組みを説明すると共に、今後わが国はどう備えていけば良いのかを議論する

司会・趣旨説明 日本気象学会 筆保弘徳
講演1「激化する台風・豪雨災害」日本気象学会 筆保弘徳
講演2「エルニーニョ/ラニーニャ現象と台風」日本海洋学会 安田珠幾
講演3「気象災害リスクの理解と軽減への地球惑 星科学の学際的な取り組み」日本地球惑星科学連合 奥村晃史
講演4「防災減災の観点から考える衛星画像の有 効利用」日本リモートセンシング学会 桑原祐史
質疑応答1
講演5「社会経済的価値データとリスク事象デー タの空間的統合」 横幹連合 佐藤彰洋
講演6「防災における土地条件と正しい地形用語 の使用」 日本地理学会 海津正倫
講演7「災害時のリスク情報管理におけるGISの役割」地理情報システム学会 後藤真太郎
講演8「クライシスマッピング-世界中の市民が つくる被災地地図」 日本地図学会 古橋大地
質疑応答2
講演9「豪雨災害と都市・地域:8.20 広島豪雨災 害と防災まちづくり」日本都市計画学会 横張 真
講演10「滋賀県流域治水条例について」ダム工学会 美濃部博
講演11「豪雨・洪水・土砂災害リスクと土地利用」日本自然災害学会 寶 馨
質疑応答3
総括「国土利用と台風・豪雨」日本自然災害学会 高橋和雄

̶ 昼 食 休 憩 ̶

13:20-15:40 セッション 2 「台風・豪雨災害への備え」
台風・豪雨災害への備え」に関係の深い学会の代表と日本学術会議の専門家が集まり、インフラ・建物の防災・老朽化対策、地盤情 報と対策、地域経済、自然環境等について、研究成果や取組みを説明すると共に、今後わが国はどう備えていけば良いのかを議論する。
司会 日本風工学会 奥田 泰雄
趣旨説明 日本学術会議 小松利光
講演1「耐風工学の進展と台風・竜巻対策」日本風工学会 小林文明
講演2「豪雨(洪水)から社会を守る」土木学会 山田 正
講演3「防災の観点から考える地形・地質情報の有 効活用」 日本応用地質学会 中曽根茂樹
講演4「地すべり地形分布図に基づく斜面防災」日本地すべり学会 檜垣大助
講演5「豪雨災害に関する地盤工学分野のとりくみ」地盤工学会 小高猛司
講演6「コンクリート構造物の耐荷性能と劣化対策」日本コンクリート工学会 丸山久一
講演7「豪雨対策に向けた水道システムの機能強化」日本水環境学会 古米弘明
講演8「農業農村の風水害・土砂災害と保全対策」農業農村工学会 鈴木尚登
講演9「災害と地域経済」日本地域経済学会 宮入興一
講演10「防災減災とランドスケープ」日本造園学会 篠沢健太
講演11「Eco-DRRとしての森林の機能の活用」日本森林学会 坪山良夫
質疑応答「台風・豪雨災害への備え」
コーディネータ 日本学術会議 小松利光

16:00-17:50 セッション 3 「台風・豪雨災害時の避難・救助・復興」
「台風・豪雨災害時の避難・救助・復興」に関係の深い学会の代表と日本学術会議の専門家が集まり、防災体制、情報伝達、避難、救援、 災害医療、インフラ・設備の保全・復旧について、研究成果や取組みを説明すると共に、今後わが国はどう備えていけば良いのかを議論する。
司会 日本集団災害医学会 小井土雄一
趣旨説明 廃棄物資源循環学会 森口祐一
講演1「自然災害とこども・地域力」こども環境学会 小澤紀美子
講演2「災害情報学による被害軽減の課題」日本災害情報学会 片田敏孝
講演3「水害廃棄物処理における分野間連携の可 能性」 廃棄物資源循環学会 多島 良
講演4「広島土砂災害、鬼怒川洪水のDMAT」日本集団災害医学会 近藤祐史
講演5「国内外の水災害と看護の対応」日本災害看護学会 神原咲子
講演6「熊本地震ならびに台風被害後における 看護職としての支援」日本看護系学会協議会 宇佐美しおり
講演7「過去の災害教訓にみる基礎自治体の防災 体制と避難判断の課題」日本自治体危機管理学会 飯塚智規
講演8「日本緑化工学会が災害時の復興に果たす 役割」 日本緑化工学会 阿部和時
質疑応答「台風・豪雨災害時の避難・救助・復興」
コーディネータ 廃棄物資源循環学会 森口祐一

17:50-18:00
まとめの言葉 日本学術会議会員・防災学術連携体事務局長 米田雅子
閉会挨拶 防災学術連携体代表幹事 廣瀬典昭

LINK
日本学術会議
防災学術連携体の参加学会
国の研究機関
大学
大学の研究室紹介
防災関連推進団体
国の防災関係部門
地方自治体の防災関連部門
防災関係 行政関連団体
世界の防災関連学術団体
地球観測に関する組織
国際関係機関
防災関係 国際的組織
災害・リアルタイム情報
災害時の緊急連絡(防災学術連携体向け)
災害派遣情報
災害の救援・連携・調査
衛星写真・地図情報
防災に関する基本情報
賛助会員