ホーム 概要と参加学会 Activities
Introduction
学会出版物・報告書 各学会の
防災関連委員会紹介
常時の交流・連携と
災害時の緊急連絡網
学術フォーラム、
公開シンポジウム
声明・報告等情報発信 国内外のお知らせ
国際協力・学会連携
防災推進国民会議
日本学術会議(防災関連)
賛助会員 防災連携委員のページ
防災推進国民会議
日本学術会議(防災関連)



2017/8/28 日本学術会議公開シンポジウム
2017/9/13 The 11th Joint International Symposium on Disaster Risk Management
日本学術会議提言 「大震災の起きない都市を目指して」
  提言 一括印刷用(A4)

日本学術会議公開シンポジウム
大地震に対する大都市の防災・減災
  ご案内pdf   シンポジウム資料 一括印刷用(A4)    
※個別資料(PDF)は下記プログラム、発表名をクリックしてください。

日 時 : 平成29年8月28日(月) 12:00~16:00
会 場 : 日本学術会議講堂 (東京都港区六本木7丁目22番地34号)
主 催 : 日本学術会議 土木工学・建築学委員会、大地震に対する大都市の防災・減災分科会
後 援 : 防災学術連携体 
 
 
開催主旨
大都市直下の大地震発生が予測される中、大都市への人・構造物・機能の過度の集中と複雑なシステムにより震災リスクが ますます高まっている。マグニチュード7クラスの首都直下地震が起きた場合、2万人を超える死者だけでなく、わが国の国家 予算に匹敵する規模の被害が予測されている。現状は、大都市の賑やかで活発な生活と活動を広げつつ、震災発生を前提に して地震後の対応のための対策・準備に重点がおかれている。一朝一夕には進まないが、将来の都市構成を見通した中で災害 を極力減じるための抜本的で具体的な活動を、個人・家族・企業・自治体・国は、それぞれ且つ協力して推進すべきである。  本シンポジウムでは、大都市の震災軽減につながる強靭な都市・社会の構築に向けたハード・ソフト対策と、将来的に 目指すべき国土や都市の構成に関して当分科会で議論してきたことを説明し、これをもとに大地震に対する大都市の防災・ 減災について真剣な議論を行いたい。

プログラム
(司会): 田村和夫(日本学術会議連携会員、千葉工業大学工学部教授)
12:00 開会あいさつ 「専門を超える視野を持って行動する努力」   米田雅子(日本学術会議第三部会員、慶應義塾大学特任教授)
12:10 背景と課題 「最新の科学的知見にもとづき、想像力を広げた熟考」  和田 章(日本学術会議連携会員、東京工業大学名誉教授)
12:30 「居住、活動のための適地の選択」  浅岡 顕(日本学術会議連携会員、名古屋大学名誉教授)
12:45 「大都市地震係数の採用」  田村和夫(前 掲)
13:00 「土木構造物・建築物の耐震性確保策の推進」  小野徹郎(日本学術会議連携会員、名古屋工業大学名誉教授)
13:15 「人口集中、機能集中の緩和」  福井秀夫(日本学術会議連携会員、政策研究大学院大学教授)
13:30 「留まれる社会、逃げ込めるまちの構築」  沖村 孝(日本学術会議連携会員、神戸大学名誉教授)
13:45 「情報通信技術の強靭化と有効な利活用」  山本佳世子(日本学術会議連携会員、電気通信大学准教授)
14:00 「大地震後への準備と行動」  南 一誠(日本学術会議連携会員、芝浦工業大学建築学部教授)
14:15 「耐震構造の進展と適用」  高橋良和(日本学術会議連携会員、京都大学工学研究科教授)
14:30 「国内外の震災から学ぶ、国際協力、知見や行動の共有」  東畑郁生(日本学術会議連携会員、東京大学名誉教授)
14:45-15:00 ( 休 憩 )
15:00 質疑応答・総合討論
15:50 閉会挨拶  東畑郁生(前 掲)
16:00 閉会

 


LINK
日本学術会議
防災学術連携体の参加学会
国の研究機関
大学
大学の研究室紹介
防災関連推進団体
国の防災関係部門
地方自治体の防災関連部門
防災関係 行政関連団体
世界の防災関連学術団体
地球観測に関する組織
国際関係機関
防災関係 国際的組織
災害・リアルタイム情報
災害時の緊急連絡(防災学術連携体向け)
災害派遣情報
災害の救援・連携・調査
衛星写真・地図情報
防災に関する基本情報
賛助会員