日本学術会議公開シンポジウム  第18 回防災学術連携シンポジウム

人口減少社会と防災減災


人口減少下においては防災減災の仕組みの再検討が必要である。例えば、インフラが老朽化する中で、気候変動等による災害の激甚化を受けて、耐災害性の強化が求められている。政府予算が限られる中で、災害危険性の少ない場所へのコンパクト&ネットワークが理想であるが、実現には課題が多い。
広範囲な被災が想定される南海トラフ地震においては、東日本大震災のような大規模な復旧工事の再現は難しい。能登半島地震においても、人口が減少する中で、被災した過疎地域の復旧のあり方が課題となっている。さらに、防災・被災者支援の担い手不足も指摘されている。防災施設の基準や運用の見直しも必要だ。 人口減少社会における防災減災のあり方について、多様な視点から総合的に議論したい。
2024年3月25日(月) 15:30~18:50
主催:日本学術会議 防災減災学術連携委員会、一般社団法人 防災学術連携体
開催: ZOOM webinar(定員500名)
Youtube ★概要欄にタイムスタンプあり
https://youtu.be/wFyLpjTGK7Y

ご案内PDF一括印刷用PDF
司会:米田雅子(防災学術連携体代表幹事、東京工業大学特任教授)
           田村和夫(日本学術会議連携会員、建築都市耐震研究所代表)

15:30 開会挨拶 竹内徹(日本学術会議 防災減災学術連携委員会委員長)
15:33 趣旨説明 森本章倫(防災学術連携体代表幹事、日本都市計画学会会長)

15:40 【セッション 1 「人口減少社会における原子力防災減災のあり方について-福島原発事故から 13 年後の福島の実態と課題」】
日本計画行政学会「人口減少社会における原子力防災減災のあり方について」川﨑興太(福島大学)
日本地理学会「東日本大震災による不可逆な地域の変容と復興―福島の原子力災害を事例として」瀬戸真之(福島大学)
日本災害医学会「人口減少社会における復興支援:福島医療復興支援の経験から」小早川義貴(国立病院機構本部 DMAT 事務局)
日本地域経済学会「そこに住み続けることの意味を問う~「複線型復興」と避難住民の「二重の地位」をめぐって」山川充夫(福島大学)
質疑応答(10分)

16:38 【セッション 2 「人口減少下の防災減災」】
地域安全学会「人口減少社会における空き家と地域の建物倒壊リスク」村尾修(東北大学)
日本火災学会「超高齢・人口減少社会の火災安全」鈴木恵子(消防庁消防研究センター)
農業農村工学会「ため池デジタルプラットフォームを活用したため池の遠隔監視体制の整備」泉明良(農研機構農村工学研究部門)
日本災害看護学会「人口減少 X 危機多発時代の人々・コミュニティに求められる看護の現場と役割」神原咲子(神戸市看護大学)
日本緑化工学会「人口減少社会におけるグリーンインフラを使った防災・減災手法について」木田幸男(グリーンインフラ総研)
質疑応答(10分)

17:48 【セッション 3 「中長期的に人口減少と防災減災を考える」】
日本第四紀学会「歴史上の気候変動と人口変動の関係性から学ぶ」中塚武(名古屋大学)
日本自然災害学会「将来メッシュ人口の推計と洪水暴露評価」吉田護(長崎大学)
土木学会「人口減少下における流域治水と新たな地域創造の可能性」谷口健司(金沢大学)
日本都市計画学会「人口減少社会の都市計画と防災減災」姥浦道生(東北大学)
質疑応答(10分)

18:46 閉会挨拶 目黒公郎(日本学術会議連携会員、東京大学教授)
18:50 終了