i 防災学術連携

Web研究会

防災学術連携体は、会員学会から専任された防災連携委員と日本学術会議の関係者から専任された特任会員を対象に、会員学会にお願いしてテーマを決めたWEB研究会(ZOOM)を継続的に開催し、学会間の情報交流と相互理解を進めています。 多くの分野の最先端の分かりやすいお話に関心ある方々のために、話題提供の部分をホームページ上に載せていきます。

第13回「2022年1月15日発生したトンガ海底火山噴火とそれに伴う津波について」

開催日時:2022/4/15
1)「総括の立場から」  佐竹健治(総括)(東京大学地震研究所所長・教授)  
2)「火山学の立場から」  大湊隆雄(東京大学・地震研究所・教授)  
3)「津波工学の立場から」  今村文彦(東北大学・災害科学国際研究所所長・教授)  

第12回「防災に資する水循環観測・予測のフロンティア」

開催日時:2022/3/28
1)「気候変動による豪雨災害への影響と適応」  中北英一(京都大学防災研究所所長・教授)   
2)「静止軌道からの衛星観測:気象観測から地球環境観測へ」  樋口篤志(千葉大学環境リモートセンシング研究センター准教授)   
3)「Today's Earthによる実時間洪水予測とその課題」   芳村圭(東京大学生産研究所教授)  

第11回「災害廃棄物の‟量”をまず知る・減らす~廃棄物資源循環学会の取り組み~」

開催日時:2021/12/6
「趣旨説明」  鈴木慎也(廃棄物資源循環学会・福岡大学工学部准教授)   
1)「毎年発生する水害を中心に」  田畑智博(神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授)   
2)「ドローンによる災害廃棄物量の推計」  中山裕文(九州大学大学院工学研究院准教授)   
3)「被災自治体への支援の一環として~プラットフォーム等の活動紹介~  多島良(国立環境研究所資源循環領域主任研究員)   

第10回「令和3年8月の記録的な大雨の状況と要因」

開催日時:2021/9/30
1)「8月11日からの大雨に関する気象状況と警戒の呼びかけ」  黒良龍太(気象庁大気海洋部予報課長)   
2)「8月中旬の記録的な広域豪雨をもたらした要因について」  中村 尚(東京大学先端科学技術研究センター教授)   

第9回「下水疫学によるCOVID-19災害下の感染流行状況把握」

開催日時:2021/9/28
1)「大規模集合イベントにおける感染症災害リスク管理と下水疫学の意義」  村上道夫(大阪大学感染症総合教育研究拠点特任教授)   
2)「社会インフラとしての下水疫学の実装に向けた技術開発と実証調査」  北島正章(北海道大学大学院工学研究院准教授   
3)「下水中ウイルスのゲノム解析から見える変異株の感染流行実態」  井元清哉(東京大学医科学研究所教授)   
4)「下水疫学をめぐる情報公開に関する倫理的側面と論点整理」  本多了(金沢大学地球社会基盤学系准教授・日本水環境学会COVID-19タスクフォース幹事長)   

第8回「防災・減災支援における地理情報システムの可能性」

開催日時:2021/7/7
1)「災害情報収集・共有・活用システムの開発」  大佛俊泰(東京工業大学環境・社会理工学院教授)   
2)「SNSを用いた災害情報アプリの開発」  内田理(東海大学情報理工学部教授)   
3)「平常時から災害発生時までの利用を想定した情報利活用システムの開発」  山本佳世子(電気通信大学大学院情報理工学研究科教授)   

第7回Web研究会「NATECH:Natural Hazard Triggering Technological Disasters」

開催日時:2021/5/27
1)「大阪ベイエリアNatech防災研究イニシアティブ―巨大災害の時代に都市圏の沿岸域は大丈夫なのか?―」  青木伸一(大阪大学大学院工学研究科教授)   
2)「外部性脅威(NATECH・パンデミックとプロセス設備の安全マネジメント」  石丸裕(大阪大学大学院工学研究科特任教授)   
3)「Risk Management of Natech Hazards in Urban Areas : The Need for a Paradigm Shift in Industrial Risk Management」  Ana Maria Cruz(京都大学防災研究所教授)   

第6回Web研究会「災害対応ロボットの現状と展望」

開催日時:2021/3/30
1)「プロローグ:阪神淡路大震災から始まった」  松野文俊(京都大学大学院工学研究科教授)   
2)「ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジの取り組み」  田所諭(東北大学タフ・サイバーフィジカルAI研究センター長、東北大学大学院情報科学研究科教授)
3)「災害対応ロボット技術とその社会実装」  淺間一(東京大学大学院工学系研究科教授)   

第5回Web研究会「COVID-19に対する都市封鎖と外出行動抑制をめぐって」

開催日時:2021/2/17
1)「世界各国の都市封鎖の類型化とその効果」  大津山 堅介(東京大学先端科学技術研究センター)   
2)「COVID ロックダウンの外出抑制効果に関する研究」  廣井 悠(東京大学都市工学科)   
3)「日本の感染症対策の特徴 」  齊藤誠(名古屋大学経済学研究科 教授)   

第4回Web研究会「開発途上国と共に築く最先端の極端気象観測システム」

開催日時:2020/11/25
1)「長期データから読み解く台風の動向」  久保田 尚之(北海道大学大学院理学研究院 特任准教授)   
2)「雷放電観測網構築とそれを用いた台風・ゲリラ豪雨の予測」  佐藤 光輝(日本気象学会/地球電磁気・地球惑星圏学会/北海道大学大学院理学研究院 教授)   
3)「超小型衛星と地上観測ネットワークによる次世代観測システム」  高橋 幸弘(日本地球惑星科学連合/地球電磁気・地球惑星圏学会/防災学術連携体幹事/北海道大学大学院理学研究院 教授)   

第3回web研究会「COVID-19災害と共生への道」

開催日時:2020/10/21
1)日本災害看護学会「COVID-19災害プロジェクト紹介」   
2)「COVID-19パンデミックと真の感染看護学」   三橋 睦子 (日本災害看護学会/久留米大学医学部看護学科教授)   
3)「COVID-19災害から見た避難・避難所の変革」  酒井 明子 (日本災害看護学会/福井大学医学部看護学科教授)   
4)「COVID-19と地元創成看護学へのパラダイムシフト」  南 裕子 (日本災害看護学会/神戸市看護大学学長)   

第2回web研究会「コロナ感染症対策と日本災害医学会の活動」

開催日時:2020/7/15
1)「新型コロナ感染症対策と日本災害医学会の活動」   大友康裕(日本災害医学会 代表幹事/東京医科歯科大学)   
2)「避難所における感染対策―日本災害医学会BFELP標準コースの取り組み」  石井美恵子(国際医療福祉大学)   
3)「ダイヤモンドプリンセス号におけるDMATの対応」  近藤久禎(DMAT)   

第1回「近年の異常気象と地球温暖化、今年の夏の備えも含めて」

開催日時:2020/6/23、24
司会:瀬上哲秀(前日本気象学会副理事長、元気象研究所長)/  質疑纏め:林 修吾(気象研究所 気象予報研究部 主任研究官)
1)「近年の異常気象と地球温暖化、今年の夏の備えも含めて」   中村 尚(東京大学先端科学技術研究センター教授/気象庁異常気象分析検討会会長/日本学術会議会員/防災減災学術連携委員会委員)   
2)「防災・減災に向けた気象情報の発信について」  橋田俊彦(元気象庁長官/日本気象学会副理事長/防災学術連携体防災連携委員)   
3)    講演後質疑コメント